ロボット FEEDBOT F-300

枠組み製造でロボットハンドリング

ほぼ 100 % の有効性、高い再現性、きわめて正確な部材処理: ロボットは信頼性の高いパートナーであり、木造生産の経済性を自動的に高めます。枠組みステーションと組み合わせることで、窓やドア、ペディメント材を含む壁材用弦材や支柱を完全自動で挿入できます。標準支柱か特殊支柱か、上弦材か下弦材かに関係なく、ロボットは高い精度でさまざまな支柱を枠組み構造に自動で挿入します。この 6 軸ロボットは、75 kg までの支柱を運ぶことができます。

Logo Weinmann

利点

  • 自動製造による製造量増加
  • よりフレキシブルな製造方法: パーツに応じて支柱を横、縦、斜めに挿入
  • 作業員の身体的負担を大きく軽減
  • 機械の可用性向上: ロボットの高い技術性能により、ダウンタイムを最小限に減らし、機械の生産性を上げる
  • 高精度: 精密な支柱挿入

  • 枠組みステーションのメイン装置としての 6 軸ロボット

  • wup データレコードでのロボット制御

  • 複数の準備スペースで操作可能

  • さまざまな木材に対応した多様な搬送プログラム

  • 圧縮エアやサーボモータを使ったロボットグリッパーで木材を素早くキャッチ

  • ピックアップ位置と配置位置を自動計算 (部材重量、取付け位置、取付けルーチンが計算の際に考慮されます)

  • 枠組みステーションへ木材を完全自動挿入: 支柱やパーツに応じて横、縦、斜めに挿入

    • 弦材 (上弦材および下弦材)
    • 加工済み支柱と未加工の支柱 (標準支柱および特殊支柱)
  • ロボットが毎分 6 サイクルの速度で木材を挿入

  • 一部を動かすエネルギーのみ必要とするため、エネルギー効率がよく、騒音が少ないハンドリング

部材の寸法 
部材長さ780~3,500 mm
断面積

最小 40 x 100 mm

最大 160 x 250 mm

部材重量最大 75 kg