CNC DRILLTEQ V-500 のロボットハンドリング FEEDBOT

生産効率を高める、安全で正確な自動材処理

ロボットサポート装備の CNC マシニングセンターは、家具製造において可能な最小のセルを形成します。この組み合わせにより、FEEDBOT D-300 の全体的な生産性が向上します。FEEDBOT D-300 は工場で休むことなく稼働し、一貫した高品質を保証します。中小企業では、ロボットハンドリング FEEDBOT D-300 の導入により、時間と従業員の作業負荷を大幅に減少します。その結果、柔軟な人員構成が可能になるため、付加価値の高い活動や生産プロセスに多くの人材を投入できます。これにより、品質、可用性、パフォーマンスの面でシステムに付加価値が生まれます。

利点

  • 可用性の向上 – 機械作動時間をほぼ 100% まで延長可能
  • 長い耐用年数 – 専門技術者の不足に左右されない
  • 製造の柔軟性の向上 – 新しいプロセスのトレーニングが不要
  • 少ないメンテナンスで動作 – 24 時間 365 日稼働可能 (休暇も病気も休憩もなし)
  • きわめて清潔で低騒音
  • 人間工学を考慮した簡単な操作 – 手作業による部材処理をほぼ完全に排除
  • 一貫した高品質 – 人材の交代による品質の低下や変化なし

  • HOMAG がすべてを一括提供 (責任と安全性、CE、1 つの連絡窓口、HOMAG サービス)

  • ドリルマシンのリターン機構による両面加工が可能

  • 堅牢な吸引技術と高品質のトラバースにより、高いプロセス信頼性を実現

  • CNC のボルトへの繊細な装着 – フローティングトラバースにより、材料を傷めない動作を保証

  • 豊富な部材バリエーション

  • セル (CNC およびロボット) の自動装着および woodFlex での表示

  • 妥当性制御: コントローラからのデータと実際の部材の比較

技術パラメータ
基材パーティクルボード、MDF、HDF、合板パネル、無垢材
表面メラミン、未加工 (基材の吸着なし)、ベニヤ、ラミネート、オーバーハングなし (オプション)
特殊部材高度に構造化された材料や部材、粘着力の強い吸着性の材料や部材については、別途お問い合わせください。
スタック高さ (最大)1,500 mm (下部構造を含む)
技術的データDRILLTEQ V-500 + FEEDBOT D-300*
手動送り込み時の最大部材寸法3,050 x 1,250 x 80 mm
手動送り込み時の最低部材寸法200 x 50 x 8 mm
FEEDBOT D-300 による送り込み時の最大部材寸法3,050 x 1,200 x 60 mm
FEEDBOT D-300 による送り込み時の最低部材寸法350 x 120 x 10 mm
最大部材重量60 kg
据付寸法10,020 x 8,000 x 3,400 mm

*その他のバリエーションについては、当社のパンフレットをご覧ください。