ロボット挿入ステーション PAQBOT I-300

段ボールの自動充填ロボットを装備した挿入ステーション

このロボットハンドリングは高速を維持しながら非常に高い繰り返し精度で作業し、しかもスペースを取りません。 従業員が搬送ラインに並び、流れてくる部材を段ボールに詰める単純作業をするところでは、このロボット挿入ステーション PAQBOT I-300 がその真価を十分に発揮します。家具部品を梱包するすべての人にとって最適なソリューションと言えるでしょう。

(ロボット挿入ステーション VRE 200)

利点

  • スピーディでダイナミック、そして簡単に連続運転に組み込まれます
  • 段ボール折り機と自動テープ貼り機との間に最適
  • ほとんどの梱包コンセプトに接続可能
  • ほぼ 100% の可用性
  • 単純作業の負担を軽減

  • 最大 10 サイクルで段ボールに個別部品を挿入

  • 同一に近い繰り返し精度

  • センサーがロボットに正確な段ボールの位置を送信

  • 昇降プラットフォームにより、ピット不要

段ボールの寸法 (内部)部材の寸法スタック寸法
長さ [mm]400 ~ 2,500390 ~ 2,490780 ~ 2,490
幅 [mm]210 ~ 1,100200 ~ 1,090400 ~ 1,100
高さ [mm]32 ~ 250-600 ~ 1,600 (下部構造を含む)
厚み [mm]-16 ~ 60-
重量 [kg]-最大 25-