CNC マシニングセンターのロボットハンドリング FEEDBOT

自動材料ハンドリング用ロボットを備える生産セル

ほぼ 100 % の有用性、高い繰り返し精度、極めて正確な部材処理 - ロボットは信頼性の高いパートナーであり、生産の経済性を自動的に高めます。信頼性の高いロボットシステムの部材供給は、すべての CNC 機械を高性能センターにすると共に、木材加工および家具製造において最適な生産を行う製造セルにします。

利点

  • さまざまな位置イメージ、位置状況、位置調整および反転による部材ハンドリング
  • 位置測定や清掃などの追加機能をプロセスに簡単に組み込み可能
  • 部材および材料の多様性が大きい
  • 素早い部材交換
  • エルゴノミーを考慮した部材ハンドリングによるスタッフの負荷軽減
  • ロボットの高い技術的有用性により、ダウンタイムが最小化し、付加価値が向上

  • CNC マシニングセルの中心要素としての 5 軸または 6 軸ロボット

  • CNC マシニングセンタのセル制御およびシステム視覚化へのロボットの統合による簡

  • ロボットの動きを自動的に部材サイズに適合させるため、複雑な学習なしで新しい部材を製造

  • バーコード読取装置による部品識別が可能

  • 部品を動かすときだけエネルギーを消費するため、エネルギー効率に優れた、騒音の少ないハンドリング。

部材長さ300 - 3,050 mm
部材幅300 - 1,675 mm
部材厚さ13 - 60 mm
部材重量最大 70 kg
スタック高さ (下部構造を含む)最大 1,500 mm
Stapelunterbauスタック下部構造EURO プレート (1,200 x 800 x 144 mm)