生産ライン制御システムwupClient

オフィスにいながら機械を制御

生産ライン制御システムwupClientは、各機械と生産システムの通信を可能にします。CADから機械で加工するまでのすべてのデータフローを図で表示します。生産ライン制御システム(wupServerまたは外部誘導システム)が、機械にインストールしたwupClientと連携して、生産の流れを集約的に管理します。生産ライン上の機械は適切なタイミングで適切な情報を受信し、希望する順序で生産を行います。その結果、ロジスティクス費用を節約できます。

Logo Weinmann

利点

  • 生産管理システムからデータレコードを全自動で呼び出し
  • 機械を生産誘導システムに接続するための標準技術
  • データの記録により、後のトラブルシューティングを可能に

さらに質問はありますか?

Stiles Machinery, Inc.

+1 616 698 75 00 info[at]stilesmachinery.com お問い合わせフォーム

  • 待機時間とモノ探しの時間を省く

  • 機械にインストールしたソフトウェア wupClient が、生産ライン制御システムから全自動で加工部材のデータを受信

  • 生産の進捗状況を画像で表示すると同時にログファイルを作成

  • wupServer が生産ラインを制御し、その日の最適な生産計画を作成