多刃鋸SAWTEQ M-700:高精度のスルーフィード切断

最小限の公差での縦分割

正確な部材搬送機構とカメラ付きスルーフィード調整ステーションを持つこのリップソーにより、非常に精度が高い切断が可能です。この搬送システムの際立つ点は、ローリングブロックリンクチェーン、ベルト上押さえ、吸着ベルトの組み合わせを採用して、正確な部材ガイドを実現していることです。

(多刃鋸 FSL 480: 高精度のスルーフィード切断)

利点

  • 鋸加工された部材幅公差± 0.1 mmの高い精度
  • 自動調整 (空圧制御可能) による自由に位置決め可能な鋸ユニットによる高い生産性
  • スルーフィード中の統合された位置合わせ機構による正確な加工

さらに質問はありますか?

Stiles Machinery, Inc.

+1 616 698 75 00 info[at]stilesmachinery.com お問い合わせフォーム

  • カメラシステムでマークを検知し、機械稼働中に部材間隔の幅を自動調整

  • 進入エリアにある押さえ用吸着ベルト

  • サーボ軸によるユニット位置調整

SAWTEQ M-700
送り30~60 [m/min]
ブランク幅最大2,080 [mm]
部材厚さ6~40 [mm]
ブランク長さ最小1,200 [mm]