ポストフォーミングマシンEDGETEQ S-810: 1台に5つの加工ステーション

プリコートされたパネルを挿入 – ポストフォーミング部材が搬出

ポストフォーミング工法では、部材の表面およびエッジが一面のラミネートによって最適に保護されます。この技術は、機械的、熱的、化学的な負荷または湿度が生じるあらゆる場所で使用されます。すでにコーティングされたパネルを使用してポストフォーミング部材に加工するため、必要な機械はこの1台のみです。

(ポストフォーミングマシン VF 610: 1 台に 5 つの加工ステーション)

利点

  • エッジおよび表面の強力な保護
  • 家具部材の目に触れる部分での継目がなく綺麗な仕上がり
  • フィルム/直接コーティング(メラミン/CPL)された、ポストフォーミングが十分可能な多種の平坦材料に対応しており、高い柔軟性を確保1台の機械でラミネートルーター加工、グルー塗布、活性化、屈曲、後加工の5つの加工に対応し、迅速性、容易性および採算性を向上

さらに質問はありますか?

Stiles Machinery, Inc.

+1 616 698 75 00 info[at]stilesmachinery.com お問い合わせフォーム

  • ラミネートオーバーハングをルーター加工するためのポストフォーミングサイジングユニット

  • U 形状表面のスクラッチ加工および平坦化加工用ポストフォーミングユニット

  • ノズルを用いたグルー塗布

  • ローラを用いた側面のグルー塗布

  • 個別に調整可能なヒーターによる熱処理でラミネートを変形

  • ラミネートを変形して基材の形状に合わせるための加圧ゾーン


EDGETEQ S-810
部材幅最小150 [mm]
部材厚さ16~60 [mm]
部材長さ最小700 [mm]
プロファイル深さ(上側)最大40 [mm]
部材余剰最大70 [mm]
送り10~32 [m/min]