木造軸組工法のためのソリューション

木造軸組工法は、木造住宅の建築や増階、増築において広く普及している工法です。この建築方法では、枠組み構造の両側に集成材パネルを貼ります。木造軸組工法は、断熱性と防火性に優れ、寿命も長いのが特徴です。

„私たちはかつて、プレハブ住宅用の部材を工具を使って手作業で加工していました。それがわずか数カ月のうちに、実にスムーズに最先端設備へと移行できました。“

Friedl Holzbau GmbH 社、Richard Schinagl

枠組み構造、木組構造、外壁、屋根、切妻に使用する部材を加工するにも、1 棟まるごと作るにも、WEINMANN.ならそれぞれの要件を満たす機械・設備が見つかります。モジュール構造のソリューションは構成の柔軟性が高く、市場のトレンドの変化にも速やかに対応できます。ご希望の生産能力と自動化の程度に応じて、コンセプトを策定します。

  • 構造材プレカット機で、高品質の構造材を安定生産
  • 組立てテーブルでエレメントの製作工程が大幅に簡素化
  • CNC 制御の加工を可能にするマルチファンクションブリッジ 
  • 狭い場所でもエレメントを柔軟に製作できる小型設備
  • 3 テーブルソリューションで生産能力と柔軟性が向上

さらに質問はありますか?

Stiles Machinery, Inc.

+1 616 698 75 00 info[at]stilesmachinery.com お問い合わせフォーム
Currently no case studies available for this category!