|   Schopfloch   |  ドイツ

ホール 14 | 50 種類の機械 | 5,000 平方メートル

LIGNA 2019 では、ホール 14 全体を使って HOMAG の木材加工用機械、ソフトウェアそして革新技術のすべてが実演展示されます。展示会場は 5,000 m² を超える広さがあり、小さな木工場のお客様も大規模工場のお客様もまるで自分のホームにいるように感じるでしょう。 その理由は、木材加工用の機械、セル、システムおよびソフトウェアなど非常に幅広いラインナップが展示されていることです。

HOMAG は、「YOUR SOLUTION」というスローガンの下に、大小さまざまな企業が現在の市場要求と将来のトレンドに対応できるような包括的なソーリューションコンセプトを来場者の皆様に示します。
これに加え、コンポーネントを製造する企業の皆様には、今年、超大型の無垢材プラットフォームで、プレハブ建築のオートメーション化ソリューションに関してさまざまな改善を加えた新技術をご覧いただけます。さらに、WEINMANN は、ホール 13 に設けられた別のブースで住宅建設の最新の機械技術を展示します。
ホール 14 とホール 13 では、HOMAG のセールス、技術、サービス部門の多数のエキスパートが現地に赴き、あらゆるご質問やご相談にお答えするべく待機しています。
また、HOMAG ブースの中央に設けられたイノベーションセンターでは、「未来の家具」によって皆様を未来の世界にご案内します。同時に、それを製造するために必要なテクノロジーも展示しています。皆様のご来場をお待ちしています。

ホール 14

  • 包括的な統合セルコンセプト: 多様な要求に対応するため、さまざまな性能クラスに分けられています
  • 木工場 – ステップ・バイ・ステップでデジタルワールドへ: 個別部品によるトータルコンセプトの構築
  • ソフトウェアとデジタル機能: ライブでアプリケーションを実演
  • サービス: 木工場および産業界のさまざまな要求に合わせた新サービス
  • ロットサイズ 1 コンセプト: 大量生産工場向け
  • 表面加工技術: 研削、塗装、ラミネート加工のために最適化された新ソリューション
  • コンポーネント製造およびプレハブ建設の最新オートメーション化ソリューションに関するあらゆるテーマ (枠構造作成からパネル化の自動化コンセプト、フルオートメーションハンドリング、倉庫システムに至るまで)
  • 個別機械 (エッジ加工および CNC 加工、研削、パネル分割)
  • イノベーションセンター: 木材加工の歴史と未来、「未来の家具」 (「スマート家具」) の展示

ホール 13

  • WEINMANN は、吹込み断熱材を自動挿入するための最新技術を展示します: 木枠構造に断熱材を全自動で効率的に挿入し、最後に目視点検も行います

ステップ・バイ・ステップの木工場用ソリューション: 個別部品によるトータルコンセプトの構築

ホール 14 のブースでは、現在のデジタル化が中小の木工場に具体的にどのような可能性をもたらすのか、また、家具職人の日々の作業をサポートする単純作業のアシストや機能にはどのようなものがあるかという主要な質問に対して木工場のお客様のために HOMAG が特別にお答えします。

おそらくそこでの回答は多岐にわたるでしょう。しかし、ここで重要なことは 1 つだけです。すなわち、ユーザーは全システムに投資する必要はなく、相互に通信を行う個別の機械、ハードウェア、アプリを決定し、それらを工場の中に統合するだけです。このアプローチにより、デジタルソリューションは木工場にとってもますます興味深いものになるでしょう。

今日すでに実現されていることは?

  • 生産データを最適な切断図面でパネルソーなどの機械に伝送することは、今日すでに多くの企業で実現されています。しかし、そのデータをワンクリックでデジタルジョブフォルダーへ送れるとしたらどうでしょう? 手動機械や作業台の手動ワークステーションも、「スマートデバイス」 (スマートフォン、タブレット) で即座に操作できるかもしれません。また、建設現場でも図面やパーツリストを場所を選ばずに、クリックするだけで確認できるようになるかもしれないのです。
  • さらに、作業を大幅に簡便化するアシスタントシステムも定着しています。例えば、HOMAG は、「intelliGuide」と呼ばれる機械のオペレータアシスタントシステムを開発しました。このシステムは、次にどのステップをどのような方法で行わなければならないか機械のオペレータに指示することができます。
  • 次の段階では、手動ワークステーションのためのソフトウェアベースのアシスタントシステムが続きます。
  • この種のデジタル開発は、現在、業界全体で対策が急がれている専門家不足の解消に決定的なチャンスを提供すると考えられます。

デジタルコンセプトを実現可能にする

HOMAG は、従来の機能に加え、毎日の作業負荷を大幅に軽減し、プロセスをサポートするさらなる補助機能を木工場の皆様に提供します。いわゆる新しい「インテリジェントなセルコンセプト」の中に組み込まれる形で、特に小規模工場からネットワーク化された木工場コンセプト、さらには自動化された中規模工場のソリューションに至るまで、あらゆる性能クラスの機能が LIGNA でライブ実演されます。
コンセプトの重点はそれぞれ異なっているため、各社は会社の規模に合ったコンポーネントとデジタル製品をそれぞれの作業内容に適合させることができます。

ハイスピードパフォーマンスの自動生産 & ロットサイズ 1 生産

エントリーレベルの製品および産業用家具を製造する企業のためにも、HOMAG は、統合セルコンセプトならびに総合的な産業用ハイテクソリューションを、同じくさまざまな性能クラスに分けて提案しています。

  • 中規模のパネル加工会社のお客様には、完全にネットワーク化されたセルがパネルを自動処理する様子をライブ実演いたします。特に、木工機械展で初めて紹介された無人輸送システム (TRANSBOT) もここで使用されます。焦点となるのは人間と機械のインタラクションです。これによって、家具材料の切断、製造工程を経て出荷用に梱包されるまでの生産プロセスが完全に自動化されます。
  • 産業用家具製造のお客様には、ロットサイズ 1 のフォーマットおよびエッジ加工のためのハイスピードパフォーマンス、最先端ソリューションを使った生産アプローチとその新技術をご紹介いたします。

あらゆる領域における新機能: 表面加工機械を LIGNA でご紹介

HOMAG は、表面加工の技術開発も引き続き重視しています。このことは LIGNA 2019 でもはっきりと示します。
表面加工ソリューションは、このハノーファーの LIGNA で展示会場の大きな部分を占めています。展示されているのは、表面およびプロファイル塗装用機械、さまざまな性能クラスの研削機械、無垢材のプロファイリングならびにラミネート加工分野の新開発機種です。HOMAG は、さらに、イタリアの塗装システムのスペシャリスト Makor 社のブースでも展示を行っています。Makor 社と HOMAG は 2 年前からクリエイティブ部門で強力なパートナーシップを結んでいます。
表面加工のあらゆる分野で、HOMAG は新しい技術や機能を示し、それによってエルゴノミーを配慮したスマートで効率的な高級家具の新しい製造方法をユーザーの皆様に提供します。

イノベーションセンター: 家具製造の歴史と未来の姿を体験

LIGNA の HOMAG ブースの中心に設けられているイノベーションセンターでは、家具製造の歴史と未来の姿をご来場の皆様にご紹介します。木材加工の歴史における画期的な出来事や技術革新の数々を取り上げた後で、最後に未来へと視点を移します。未来の家具 (「スマート家具」) とはどのようなものなのでしょうか? どのような難しい課題が生まれるのでしょうか? HOMAG はパートナーとしてこれらの課題にどう対処し、木材加工に携わる皆様をどのように支援できるのでしょうか? HOMAG は奇抜なアイデアを挙げるだけでなく、イノベーションセンターを巡るツアーの最後には、未来のアイデアを実際の例として現実化し展示しました。

この作業に大きな役割を果たしたのが、プロジェクト「proto_lab」 (production tomorrow laboratory) でした。この研究プロジェクトチームは、4 つの学部を有するローゼンハイム応用科学大学からの参加者、HOMAG グループの専門家、家具業界やゼーオングループのその他のパートナー参加者といった、異なる分野の専門家からなるメンバーで構成されています。このグループが数ヶ月間にわたって実験と分析、さらに予測を行い、実施可能なソリューションを開発しました。

リストに戻る