|   Schopfloch   |   Deutschland

「デザインとデジタルの融合」–HOMAG、デジタルの未来に一石を投じる

HOMAG がまったく新しいイメージで登場するはじめての舞台だからです。新しく現代的な機械デザイン、統一感があり、製品間で関連性をもたせた新しい製品名、tapio 対応の機械で、デジタルの未来を目指します。

未来へ向かう木工技術業界の企業に理想的な協力者として寄り添うために、HOMAG は市場に新たな一歩を踏み出します。その具体的な方法については、ホール 10.0 で 3 月 21 日から 24 日まで開催されている HOLZ-HANDWERK を訪れていただければわかります。
HOMAG にとってこのメッセは歴史的に大きな意味をもっています。つまり、
HOMAG がまったく新しいイメージで登場するはじめての舞台だからです。新しく現代的な機械デザイン、統一感があり、製品間で関連性をもたせた新しい製品名、tapio 対応の機械で、デジタルの未来を目指します。

HOMAG の新世代の機械

「デザインとデジタルの融合」をモットーに、HOMAG はすべての機械をユーザーのためにさらに使いやすく現代的に、そして唯一無二のものに作り上げてきました。機能に特化した先進的なデザインによって、機械の操作は特別な体験に進化し、機械を導入した企業が革新力を備えていることがこれまでより明確にわかるようになります。さらに今後、機械と装置は簡単で高速になり、さらに tapio のエコシステムでネットワーク化が可能になります。

同時に HOMAG は製品名もお客様にわかりやすいように構成しなおしました。今後は、各機械の名前から直接機能が推測できるようになります。たとえば、木工技術の HOMAG エッジ接着マシンには「EDGETEQ」、鋸技術領域の機械はすべて名前に「SAWTEQ」が含まれることになります。

メッセ案内ツアー: HOMAG デジタルテクノロジープラットフォーム

ホール 10.0 で HOMAG は約 30 の機械とセルをライブで動態展示しています。tapio 対応の機械、新しいデジタル製品、カスタマイズされたソフトウェア、グローバルサービスネットワークによる新しいサービスなどをご覧ください。

「自律セル」

HOLZ-HANDWERK では、木工技術において初の完全に自律して作動する工場が動態展示されています。これは、事前に完全自動化された 2 つのセルで構成されています。この 2 つのセルは自律作動する補助装置によって接続されています。つまり運転手なしの搬送車両 (FTF)が作動し、セル間の部品の流れの機構を担当します。「自律セル」は、木材工芸でも、工場でもその柔軟性をいかんなく発揮し、生産における新たな選択肢を提示することができます。

セル 1: 統合された部材処理によるエッジハイテック

エッジ接着マシン EDGETEQ S-500 (以前は KAL 370) は、リターンコンベア LOOPTEQ O-600 (以前の TFU 521) との組み合わせで柔軟性を最大限に発揮します。リターンコンベアとエッジ接着マシンは、セルコントローラ woodFlex によって互いにネットワーク化されています。

セル 2: 垂直型 CNC 加工機械でのロボット処理

ほぼ 100 % の有効性、高い再現性、きわめて正確な部材処理: ロボットは信頼性の高いパートナーであり、生産の経済性を高めてくれます。HOLZ-HANDWERK では、6 軸のロボットが垂直型加工センター DRILLTEQ V-500 (以前の BHX 200) で自動化された部材処理を行っています。

セル 3: 運転手なしの搬送車両による柔軟な連結

小型の自律作業ロジスティックヘルパー (運転手なしの搬送車両 (FTF)) が 2 つの完全自動化稼働セルを接続し、エッジセルから、加工が完了したスタックを積載したドリル加工セルを供給します。

ソフトウェア: セル内でのネットワーク化された通信の鍵となるのが HOMAG 製造システム ControllerMES です。このシステムは、自動化されたエッジセルの個々のコントローラおよび CNC ロボットセル、FTF のコントローラと包括的に通信を行います。

SaaS (Software as a Service) – intelliDivide

LIGNA 2017 以降、tapio は木工業界全体に向けて開かれたエコシステムを展開しています。tapio は中立的であり、パートナー向けにテクノロジーとデジタルの基盤を提供しています。現在 HOMAG は tapio の専門家と協力して、ユーザーがその生産からさらに多くを得られるような新しい機能とアプリに集中的に取り組んでいます。
その最初の成果が HOLZ-HANDWERK で動態展示されている intelliDivide です。tapio をベースとする最適化「SaaS (Software as a Service)」は、HOMAG パネル分割のこぎりのユーザーにこれまでよりはるかに高度な計算能力を提供し、それによって短時間にひとつの最適化の結果から多くのバリエーションを使用できるようになります。その結果 intelliDivide のオペレータは、単に残材を減らすことを目指すだけでなく、たとえば最短の機械稼働時間や最も単純な処理など、その都度要件に最も適した他の方法を選択できるようになります。

手工業のための新しいハイテクソリューション

現在、素材はますます多様化し、家具の個別性も高くなり、それにともなって木工技術産業への要求も高まっています。未来への過程で、自動化ソリューションとデジタルソリューションに注目が集まっています。なぜなら開発し続けなければ、今後も効率的な生産を続けることはできないからです。HOMAG は HOLZ-HANDWERK でこの状況に最適なハイテク機械を提示していますが、個別に順応可能な総体的なソリューションも提示しています。

保管技術とパネル分割技術

手工業用のリフトテーブル付きの新しい鋸: シリーズ 2 は 1 つのモデルに拡大されます。つまり、HOLZ-HANDWERK 以降、シングルソー以外にリフトテーブルフィードの鋸も加わります。それによって鋸を自動的に送り込むことが可能になります。これは人間工学にかなっており、さらに効率を高めます。

新しい鋸制御装置 CADmatic 5: HOLZ-HANDWERK 以降、SAWTEQ B-130 (以前の HPP 130) とシリーズ 2 でも最新の鋸制御装置 CADmatic 5 が使用できるようになります。特筆すべきは補助ディスプレイです。これは機械オペレータの意向を汲み取って動作します。つまり、作業が完了する前に、すでに次の作業段階が表示されるのです。ほかにもユーザーフレンドリーな機能があります。

X ジオメトリの吸着レール: 今後、最も小型の HOMAG プレートマウントは各種材料の搬送において最大の柔軟性を発揮するようになります。その土台となるのが、プレートパレット STORETEQ S-200 (以前の TLF 211) と X ジオメトリの吸着レール ST 71 の組み合わせです。

エッジ技術

柔軟性の高いエッジ加工³: HOMAG のエッジの専門家は今年中に 3 倍の機能性を目標としています。この新しい 3 プロフィール技術は、3 つのプロフィールと面取り 20°の間で、高速かつ自動的に高い再現性で交換を行います。短い周期でエッジ接着の手順(PU、EVA、または継ぎ目なし技術 の airTec) を替えたい場合、3 つのすべてのエッジ接着手順を 1 台の機械で実行できます。

アプローチエリアにおける最高エッジ品質: EDGETEQ S-200 (以前の Ambition 1130 FC) は理想的なオールラウンダーです。接合ルーター加工ユニット、2 モーターのエンドカットユニット、ルーター加工ユニット、3 台の仕上げユニットの組み合わせがそれを証明します。ユニットで初めての自動化も可能です。

表面技術

ロボットと自動化による吹き付け塗装: パートナーの MAKOR との協力により、HOMAG はニュルンベルクで初めて吹き付けロボットを発表しました。このロボットは、部材のエッジと表面にさまざまな量の塗装剤を吹き付け塗装します。来場された方は さらに SPRAYTEQ シリーズ (以前の GSF 100) の吹き付け機械を期待するでしょう。両方の装置で目を引くのは、完全自動化された積み込み/積み下ろしステーションです。

サンディングがより経済的に: 初心者向けサンディングマシン SANDTEQ W-100 (以前の SWT 100) では、少ない予算でより多くの技術が得られるようになりました。この機械では今すぐ 5 種類の装置パッケージから選択できます。パッケージには、これまでは追加で選択可能だった機能も含まれています。

LifeCycleServices – 私たちを信頼してください: HOMAG はお客様のために世界規模のサービスを常に開発し続けています。HOLZ-HANDWERK 以降、HOMAG サービスチームでは数多くの新規サービスの提供を開始します。

  • HOMAG Warranty Plus – 世界規模で展開する手間のかからない包括的パッケージ

  • メンテナンス 5 軸技術 – 魅力的なメッセ価格で

  • 新機能が追加された ServiceBoard

  • intelliGuide Basic、Advanced、Professional が改定版となって利用可能に

  • デジタルの未来への道を切り拓く tapio による新デジタルサービス

製造制御システム ControllerMES – デジタル化工場への道: 最適化された製造プロセスは、企業の規模に関係なく実現できます。HOMAG の製造制御システム ControllerMES は、製造過程内の一貫した情報の流れを可能にし、同時に生産計画と生産組織のデジタル化を実現します。

CNC 技術と窓の製造

HOMAG、かつてない高い生産性のワンポータルシステム: HOLZ-HANDWERK では、窓製造用に市場に出回っている中で最も生産性の高いワンポータル装置が動態展示されています。CENTATEQ S-900 (以前の BMB 925) は、両方のポータルサイド上で 2 台の加工テーブルと独立したユニットを使用できます。これは、2 つの完全に異なる部材が互いに独立して同時に加工可能であることを意味します。しかもこの機械にはダブルスピンドル技術も使われています。それによってこの主力製品は 60 以上のユニット/レイヤーを最適な方法で処理します。

新規: 窓用の一貫した単独コンポーネント製造システム

HOMAG は現在、単独コンポーネント製造のための統合ソリューションにより、窓の全体加工において次の一歩を踏み出そうとしています。方法かんな技術、CNC 技術、表面加工技術の組み合わせを利用。基本となるのは CENTATEQ S-800/900 シリーズです。直感的な powerTouch 操作とツールの高速交換システムが可能な MOULDTEQ M-300 (以前のLPP 300) は、かんながけの理想的なパートナーです。6 本のスピンドルによりガラスのストリップを分割し、下/上に仕上げのかんなをかけることができます。完璧な表面仕上げのために、窓の単独コンポーネントのコーティングまたは塗装のための機械を使用します。最終的に窓のメーカーはカスタマイズされた設計図から、組み立ての準備が整い、すべての面が完璧にコーティングされた窓用のコンポーネントを得ることになります。1 日に 25 個、50 個、あるいはそれ以上のユニットを製造するかどうかは重要ではありません。

リストに戻る

さらに質問はありますか?

Stiles Machinery, Inc.

+1 616 698 75 00 info[at]stilesmachinery.com お問い合わせフォーム