2016/01/22   |   Löhne   |   ドイツ

SieMatic がボール紙裁断機 VKS 250 を導入

HOMAG Automation の柔軟な梱包コンセプトで時間とコストを節約

この新しい梱包ソリューションで、当社は本当にオールインワンのソリューションを購入しました。

Heinz-Peter Tillmann、SieMatic 技術リーダー

個別性、エレガントなデザインおよび極めて高い加工精度、これらが SieMatic の基準を打ち立てるものです。このファミリー企業は 80 年以上前から、高級システムキッチンを開発・製造しています。オストヴェストファーレンの事業所では、毎日、最高品質の 100 までの異なるキッチンが製造されています。梱包および物流チェーンにも同等の品質が期待されています。既製の標準梱包は、これらの個別製造キッチンには、最適なソリューションではありません。

「当社では、HOMAG Automation のボール紙裁断機 VKS 250 の購入を決めましたが、その以前は異なるパッケージを保管しておくためにほぼフロア半分が必要だったことからです」と SieMatic の技術責任者 Heinz-Peter Tillmann は述べています。

このコンパクトなボール紙裁断機はあらゆる要件にうってつけです。既存のプロセスチェーンにスムーズに組み込まれ、製造管理システムに統合されます。完成したキャビネットのバーコードをスキャンすると、既存の製品データが直接機械に送られます。すると VKS 250 が、それぞれに適合する段ボール箱を「ジャストインタイム」で製造します。サイドバイサイドのソリューションにより、12 種類の連続段ボール箱が梱包の基本材料として使用されます。これにより、残材の量が明らかに低減します。節約される量は12~15 % の範囲です。

「この新しい梱包ソリューションで、当社は本当にオールインワンのソリューションを購入しました」と Heinz-Peter Tillmann は興奮して報告しています。「当社製品の梱包保護が明らかに向上し、見栄えも良くなると同時に、保管および調達コストを削減しつつ個別性が高くなりました」

リストに戻る

さらに質問はありますか?

Stiles Machinery, Inc.

+1 616 698 75 00 info[at]stilesmachinery.com お問い合わせフォーム