2016/09/28   |   ドイツ

Flömö におけるオールラウンドなエッジセル: 円滑です!

内装仕上げ業者が、多彩な部品と材料におけるエッジ加工に自動プロセスを導入し、品質、柔軟性、および効率の点で新たな一章を開きました。

Flömö GmbH の注文控元帳はいっぱいで、来年の春まで注文が入っています。最も重要な柱となる、要求の多い個人顧客のほかに、同社は売上げの約 40 % を学校、病院、またはベルリン国立図書館などの公共建築分野で上げています。2004 年秋から Flömö はフレーア-ファルケナウ (ケムニッツの東約 10 km) にある現在の所在地であり、社員 46 人により 3700 m² を超える生産スペースで生産を続けています。明るく、清潔な工場内では、非常に幅広く設定された製造管轄に最新の機械技術が遭遇します。無垢材であれ、合板であれ、要求の多い表面仕上げデザイン・コーティングまたは純粋なパネル加工であれ。熟練した社員 (7 人のマイスターと 2 人の木材工学エンジニア) が顧客の要望を漏れなくかなえます。そのために、ソフトウェアと高性能製造技術からなる一貫したネットワークを利用できます。

最適化を永続的なプロセスとして理解する

Flömö の Jörg Möckel 社長は、チームと共に、既存のプロセスに対して常に問い続け、最適化を継続的な課題と理解する人です。これに従って、社長は常に改善の可能性を探しています。「当社が行うあらゆる投資において、常にまず重要なのは、品質の向上と柔軟性の向上です」と Möckel は述べています。さらに続けて: 「これに関連して、自動化が非常に重要な貢献を果たします」

エッジ加工の新時代の幕開け

彼が考えていることは、その最新の投資 (HOMAG の「オールラウンドエッジセル」) を見せてもらうと、すぐに明らかになります。「特にゼロジョイント技術の要望がますます増えていることを背景に、エッジ加工に投資する必要がありました」と Möckel. は述べています。「また、高度の光沢などの高感度の表面にも、これまで苦労しました。それに加えて、当社は生産能力が率直に限界に突き当たっていました」。新しい装置は、モデル Ambition 2482 の縁貼り機を、HOMAG Automation の TFU 21 Edition リターンシステムと組み合わせたものでした。このエッジセルが特に適していたのは、多彩な部品と材料を加工するユーザーです。視覚的にゼロジョイントの家具、高光沢部品、無垢材エッジ、さらにはさまざまな半径の部材: ほとんどあらゆる要求がオールラウンダーによって解決されます。このロットサイズ 1 装置は、1 人の社員によって操作されます。バーコード付きのラベルが、各部材に生産データと実施する加工を一意に割り当てます。スキャン後には、加工プログラムが自動的に読み込まれて実行されます。

安全でインテリジェントな部品取扱い

部品の搬送は TFU 21 Edition が行います。ポータルには吸着アームが装備されており、定められた回転と機械オペレータに向けた部材の返送を行います。完成した部材は自動的に排出または積み降ろしされます。この処理は、ポータルのアームが、幅に合わせた回転機能で行います。リターンシステムは、240 x 80 から 1200 x 3000 mm までの広範囲の部品用に設計されており、縁貼り機の制御に完全に統合されているため、個別の機械制御は不要です。これにより、オペレータには人間工学を配慮した環境が生み出され、体がリラックスしていると感じられます。会社は会社で、材料を傷めない取り扱いや低い品質コストから多くを得ます。

BM (09/16) に掲載。HOMAG グループは編集長の Christian Närdemann 氏に謝意を表します。
画像引用元: BM/Christian Närdemann

リストに戻る

さらに質問はありますか?

Stiles Machinery, Inc.

+1 616 698 75 00 info[at]stilesmachinery.com お問い合わせフォーム