2015/10/29   |   ドイツ

未来に向けて WEINMANN 社のコンパクタで装備

社史上最大の新建築により Engelhardt&Geissbauer は自社の生産能力を非常に高めました。工場には WEINMANN 社の多機能ブリッジとバタフライターニングテーブルがあります。

シュヴェープハイム / ブルクベルンハイムの新生産工場の開所に際し、木造建築所 Engelhardt & Geissbauer は 2014 年 5 月 11 日 (日) に、バイエルン州の Joachim Herrmann 内相による工場落成式を行い、公式の生産を開始しました。

Engelhardt & Geissbauer は未来に向けて準備を整えます。このたび完成した生産 / 保管工場は、24 年の同社の歴史の中で最大の建築プロジェクトです。木造建築業務の安定した継続的な成長により、スペースの拡張が必要になりました。同社は、今では年間約 50 戸の一世帯および二世帯住宅を販売、製造、組立しており、既存の生産スペースではもはや、増え続ける需要に対応できなくなりました。「成功するためには、創造性、イノベーション、最新技術のためのスペースだけでなく、効率と完璧なプロセスのためのスペースが必要です」と同社の代表者、Bernd Engelhardt は説明しています。そのため、同社の経営幹部である Bernd Engelhardt と Werner Geissbauer は、新しい製造 / 保管工場の設立を決断しました。新たなスペースでは、木造枠組工法の壁 / 天井要素が製造されます。そのために、油圧式クランプ装置を備えた組立テーブル、コンピュータ制御の多機能ブリッジ、および壁断熱材の取付けと窓の組立用の生産ラインが設置されました。

「これにより、個別設計のエコロジカルでエネルギー効率の高い木造住宅の、地域を代表するメーカーとしての当社の地位を強化するだけでなく、約 60 人の社員をかかえるブルクベルンハイム / シュヴェープハイム拠点を強化します」と Werner Geissbauer は説明します。「高水準を維持し、中規模企業として、今後も大規模プレハブ住宅メーカーの競合他社に立ち向かえるように、最大限の柔軟性を保証し続けなければなりません。個々の木造住宅建設は、顧客指向のアイデアとその経済的な実現によって成り立っています。「新しい複合施設によって、生産 / 保管スペースは 3000 ㎡ も拡張されます。さらに、単に機能を考えるだけでなく、建設に当たってはエネルギー収支も考慮しました。こうして、省エネルギー指令の要件を大幅に下回るだけでなく、装備の選択においてもエネルギー効率に重点が置かれました。例えば、最新の LED ランプ、マルチレベル圧縮エアコンプレッサ、周波数制御集塵装置などが取り付けられました。

新しい生産工場の中核となるのは、密閉型壁 / 天井要素の CNC 制御製造用の多機能ブリッジです。

多機能ブリッジは、水平状態の壁要素を全自動で加工します。組み込まれた固定ユニット、ルーター加工ユニットおよび鋸加工ユニットにより、あらゆる基本加工 (板の釘打ち、ルーター加工および鋸切断など) が可能です。さらに、この装置には全自動ツールチェンジャが装備されています。そのため、装備時間が最小限に短縮され、製造効率が上がります。 

複雑な製造工程を言葉で表すのは本当に簡単ではありません。要素は、供給テーブルの上に置かれて、調整されます。続いて、多機能ブリッジによって、プレートが要素上に固定されて、加工されます。要素の最初の面が加工されると、要素は、全自動で 2 番目のテーブルに向かいます。ここで、配管などが取り付けられます。

その後、パネル張りが施されて、ブリッジによって固定されて、加工されます。これで、ここまでは水平状態だった要素の両面がパネル張りされて、直立状態の生産ラインに転送されます。ここで断熱材が取り付けられ、パネル張りが精密加工されて、窓、ローラーブラインドおよび外側の窓枠が取り付けられます。このシステムで年間 50~80 戸の家屋を製造できます。一般公開日の間は、製造が進行し、訪問者は製造プロセスを「ライブ」で追うことができます。

この拡張設備は、第一には木造住宅建設の生産性と品質の向上に役立つものでありますが、同社は木造建築のあらゆる分野でも同様に活発です。当社は、単純なカーポートから始まって、複雑な木材工学まで、すべての分野をカバーしています。「広範囲の多様なサービスを提供することにより、当社は社員に長期的に安定した職場を提供したいと考えています」と Werner Geissbauer は説明しています。そのため、例えば、木造住宅建設のほかに、エネルギーに配慮した屋根修復が、当社のきわめて重要な業務の 1 つになっています。このために特別に開発された「エコセーフ屋根」により、当社は、拡散障壁のない、経済的かつ安全な屋根構造に課される各要件を調和させています。「どれほど自動化が進んでも、社員は当社の最も重要な財産です」と 2 人の代表者の意見は一致しています。人口構成の変化と熟練技術者の不足は、手工業においても、ますます大きな課題になっています。絶え間ない教育と継続教育、ならびに作業軽減のための装備投資によって、この傾向に対応しなければなりません。例えば、新しい生産工場には、社員が大きなプレートをできるだけ簡単に取り扱えるように、最新真空ホイストクレーンが設置されました。シュヴェープハイムでは、成功する企業は継続的に発展し続けなければならないということが分かっています。停止することは後退することであり、Engelhardt & Geissbauer には現在、停止はなく、今後も停止することはありません。

引用元: Engelhardt & Geissbauer GmbH、9193 Burgbernheim - Schwebheim

リストに戻る