2019/03/19   |   Neustadt/Orla   |   ドイツ

ロボットが柔軟性を促進

Theodor Schönefeldt GmbH は、パネル切断を新たに確立しました。これにより、パフォーマンスが向上し、柔軟性が促進されています。

。「当社では、3 シフトでこのシステムを稼働しています。現在、そのうち 2 シフトは手動で稼働しています。目標は、2 シフトを自動モードにすることです。当社では、シフト当たり平均 800 部材で、既に従来のシステムの 2 倍の生産能力を達成しています。」

Andreas Watzinger, 常務 Theodor Schönefeldt GmbH

専門誌BMによる記事、12/2018。 ソース画像素材:Fachmagazin BM / Christian Närdemann。 ここであなたはBM-Onlineの記事を読むことができます。

Theodor Schönefeldt GmbH は、パネル切断を新たに確立しました。この製造専門企業は、HOMAG の新しいプレッシャビームソー SAWTEQ B-300 flexTec でパネルの全自動切断と手動切断の未知の組み合わせを実現しました。これにより、パフォーマンスが向上し、柔軟性が促進されています。 

Theodor Schönefeldt GmbH (オフィス家具/特注家具) は 1991 年にノイシュタット・アン・デア・オルラでかつての家具コンビナート、ツォイレンローダのスピンオフから設立されました。1997 年にアンドレアス・バルヌーヴァイト (業界営業) とアンドレアス・ヴァツィンガー (家具職人/木材技術工学士) が創業者のテオドア・シェーネフェルトから会社を引き継ぎました。サービスの範囲には、介護施設、障害者寮、学生寮、デイケア施設、病院に重点を置いた、個別の特注家具の計画、製造、組立が含まれます。同社は主に大手請負業者と協力しています。

新社屋建設で未来への道を切り開く

約 10 年前、この製造専門企業は新しい生産ホール (4000 m²) と新しいオフィスビルを開設しました。この新たな建設の過程で、ほとんどすべての機械が新しく購入されました。その中には、鋸と倉庫の組み合わせ、2 台の縁貼り機および 1 台の CNC マシニングセンターがあります。機械の購入に際して、アンドレアス・バルヌーヴァイトとアンドレアス・ヴァツィンガーは、長年の技術パートナーである HOMAG のノウハウと機械技術に頼りました。

今日の合計 40 人の従業員のうち、約 3 分の 2 が生産現場で働いています。ほとんどが専門技術者です。同社はまた、木工職人の育成も行っています。とは言え、若い従業員と専門技術者の不足はここでも大きな課題です。アンドレアス・ヴァツィンガー: 「当社では年に 1 人、見習工を雇っています。もちろん、もっと多くの人材を育成したいのですが、見習いの若い人材を獲得するのはとても大変なのです。」

データ/情報フローの課題

ソフトウェアに関しては、同社は Imos (CAD) と OSD (ブランチソフトウェア) を使用しています。ヴァツィンガー: 「トレンドは、これまでよりもオフィスおよび作業準備に向かっています。それが良いことかどうかはわかりませんが、一貫したエラーのない生産プロセスには、絶対にエラーのない作業準備と組織編成が必要です。パフォーマンスはデータ/情報フローの質によって変わります。これは、永遠の課題です。」

新しいパネル分割コンセプトへの投資

Theodor Schönefeldt GmbH は、非常に多くの装飾とさまざまな材料を加工しています。HPL もノイシュタットでカットされ、キャリアプレートにプレスされます。これは計画、生産、構内物流、特にパネルの切断時に大きな課題となります。このため、技術パートナーである HOMAG から新しい開発の話を聞いたとき、2 人は大喜びでした。と言うのも、パネルソー SAWTEQ B-300 flexTec は、全自動運転も手動運転もできるのです。世界初の技術です。ヴァツィンガーとバルヌーヴァイトは、パイロット顧客としてこのシステムに投資することを決断しました。使用開始は 7 月でした。同時に既存の自動パネル倉庫は、ソフトウェアによって最新の状態にされました。

搭載された興味深い機能

鋸刃突出量は 95 mmです (パッケージ切断の際に重要)。さまざまな材料の切断に対応しており、特に薄いパネル用のスライディングストリップ、カッターギャップ閉じ器、または CADmatic 5.0 の制御で材料依存のパラメータをその都度自動的に正しいコレットと押さえビーム圧力用に設定する機能に対応しています。鋸はもちろん tapio 対応です。

驚異的な自動モード

無人の自動モードでは、材料が自動パネル倉庫から鋸に送られた後、吸着レールを備えたロボットが鋸加工中、すべての材料処理を担います。その際に、ロボットが部材を自律的に中間バッファに入れ、回転させて、最後に自動的に 5 つのデスタッキングスロットの 1 つに入れる様子を見るのは壮観です。HOMAG のスペシャリストがこのシステムにどれほどの「インテリジェンス」を装備したかは注目に値します。ラベリングはもちろん全自動で行われます。ラベリング装置は押さえビームの付近にあります。

柔軟な手動切断

Schönefeldt 社ではすべての切断タスクが自動で処理されるわけではありません。その例として、HPL の分割やパッケージ切断もあります。ここで、このコンセプトは手動による加工を選択することもできるという独自のメリットを提供します。

エアテーブル間の通路には、それぞれ 2 つの折りたたみ式テーブルが装備されています。オペレータモードでは、テーブルを上下に折りたたんで切断ラインに自由にアクセスできるようにしたり、薄い材料の垂れ下がりを防止したり、作業面を広げたりすることができます。ラベリングは、手動モードで切断タスクに応じて行われるか、同様に全自動で行われますが、追加で鋸の前に取り付けられたプリンタで手動により行われます。

迅速なパフォーマンスの達成

アンドレアス・ヴァツィンガーは使用開始後わずか数か月で満足を示しています。「当社では、3 シフトでこのシステムを稼働しています。現在、そのうち 2 シフトは手動で稼働しています。目標は、2 シフトを自動モードにすることです。当社では、シフト当たり平均 800 部材で、既に従来のシステムの 2 倍の生産能力を達成しています。」

従業員の事前の関与

SAWTEQ B-300 flexTec への投資に関連して、影響を受ける従業員も早い段階で関与しました。アンドレアス・ヴァツィンガーは自社のチームを誇りに思っています。「当社の従業員は非常に献身的かつ建設的に取り組んでくれました。彼らは、ワークフロー全体を円滑に進めるために大いに貢献してくれました。HOMAG の専門技術者と絶えず話し合うことにより、共同で、そして何よりも最短の道のりでコンセプトを当社のニーズに最適な形で合わせることができました。」

リストに戻る

Theodor Schönefeldt GmbHについて

Theodor Schönefeldt GmbH (オフィス家具/特注家具) 1991 年にノイシュタット・アン・デア・オルラでかつての家具コンビナート、ツォイレンローダのスピンオフから設立されました。サービスの範囲には、介護施設、障害者寮、学生寮、デイケア施設、病院に重点を置いた、個別の特注家具の計画、製造、組立が含まれます。

www.schoenefeldt-objektmoebel.de

さらに質問はありますか?

Stiles Machinery, Inc.

+1 616 698 75 00 info[at]stilesmachinery.com お問い合わせフォーム