2016/07/27   |   Poland

インダストリー 4.0: NowyStyl グループは 1 シフトにつき 4,000 個の家具を製造しています

このオフィス家具メーカーの製造ラインは、世界で最新の製造ラインの 1 つです。ネットワーク化された工場が全自動で稼働し、個々の家具を工業生産します。

部品の流れを、ここ上方から目で追うのはうっとりすることです。次回も、HOMAG グループに装置の製造をお願いするつもりです。

Jerzy Krzanowski、Nowy Styl グループ役員

面積 2 万 4,000 ㎡ の工場にある製造ラインは、世界で最新の家具工場の 1 つに数えられます。Jerzy Krzanowski 氏のお気に入りの場所は、工場全体を見渡せる鋼鉄製のプラットフォームです。

彼は、機械が鋸加工、ドリル加工してエッジを取り付け、木材部品がベルトコンベヤを流れて、加工ステーションに消え、最後にテーブル、棚、キャビネットとして工場から出荷されるのを見ます。「部品の流れを、ここ上方から目で追うのはうっとりすることです」と Krzanowski. 氏は言います。ヨーロッパで 4 番目に大きい家具メーカーの共同出資者である彼は、この新しい工場を誇りに思っています。「次回も、HOMAG グループに装置の製造をお願いするつもりです」。機械は全自動で稼働して、非常に精度が高く、ほとんど病院のように清潔です。従業員の手が汚れることはほとんどなくなりました。従業員の一番大事な仕事は、機械の運転を監視することです。

1 シフトで最高 4,000 個の家具構成部品がこの工場から出荷されます。たいていの場合、部品ごとに外観が異なります。業界ではこれをロットサイズ 1 生産と呼んでいます。大量生産の家具を常に同じバリエーションで製造する時代は完全に終わりました。メーカーは、数えきれないほどたくさんの形状、色、サイズのパネル、フロントパネルおよび棚板を提供しています。以前は、家具職人がさまざまな家具を手間暇かけて手で作らなければなりませんでした。今では、HOMAG グループのハイエンドシステムを使って、わずか数分のうちに短い装着時間、わずかなコストで製造しています。 

作業手順の完璧な連鎖

Jasło のシステムの最初のセクションは、各種の装飾が施されたさまざまなパーティクルボードが置かれた保管場所です。積み重ねられたパネルの上をクレーンブリッジが高速で行き来します。吸着グリッパーが、猛禽類のようにすばやくパネルに飛びつき、並べ替えます。遊びのように見えて、完璧に組織化されています。システムはネットワーク化されており、製造データに通じています。そのため、パネルを適切なタイミングで生産へと操縦するには、どの色のどのパネルが上にあるべきか分かっています。 

あらかじめ、プログラムで最適な切断パターンが計算されます。最新の鋸で、重なり合う複数のパネルの切断を数秒で処理します。個々のパネルの分割は、好ましくは、ルーター加工する別の機械で行われます。これにより、ステップ、コーナー、さらにはジグザグパターンも切断できます。パネルの残材は、切断後に自動的に集められて、倉庫に戻されます。残材が別の家具に合致するとすぐに、インテリジェントな制御でその残材を再び生産工程に送ります。

切断後、各部品は、バーコード付きのステッカーを受け取り、これは一種の電子ネームプレートです。これにより、後続のすべての機械が、それは何の構成部品であるか、どの家具の部品か、そしてどの顧客の注文かを検知します。それは重要ですが、なぜなら、ここでは、注文に応じた製造のみを行っているからです。 

レポートの全文は当社の社内報「Edge」の 12 ページをお読みください

dds に掲載 / 2016 年 11 月編集者: Georg Molinski

リストに戻る