マルチファンクションブリッジWALLTEQ M-340

木骨造建築向けの万能マシン

12連ツールチェンジャが搭載されたWEINMANN WALLTEQ M-340を使って、壁材、屋根材、天井材を一定の高い精度で製造できます。このマルチファンクションブリッジを使って、パネルやラス板の釘打ちおよびクランプ、窓/ドアカットアウトおよび電気コンセントの鋸加工、ルーター加工、ドリル加工を全自動で行えます。

(マルチファンクションブリッジ WMS 120)

Logo Weinmann

利点

  • 12連ツールチェンジャによる装備時間の短縮と広範な加工
  • 将来のための装備:ツール交換テクノロジーにより市場状況の変化にフレキシブルに対応可能
  • 一般的な木工用CADプログラムからの全自動データ転送
  • 直観的なpowerTouchユーザーインターフェースでの簡単な操作
  • 体系的な生産プロセスによる効率の向上
  • 一定した高精度の部材により建築現場でのスムーズな組み立てが可能

  • 任意の固定ユニット (クランプ / 釘打ち装置) 用のホルダー 1 個を装備 (オプションでホルダー 2 個も可能)

  • 全自動式のツールチェンジャには、個々に選択可能な 12 個までのツールを装備できるスロットがあります

  • 18.5 kW のツールスピンドルによる高い出力

  • 高い安全基準: オペレータが危険エリア内にいると、光バリアと接触検知センサーによって機械が自動的に停止します

  • 生産ラインにいつでも組み込み可能

最大加工高さ500 [mm]
最大加工幅3,200 [mm]
加工長さ50 mまたはそれ以上、顧客別に異なる

技術データは保証の限りではありません。