パネルソーSAWTEQ B-300 multiTec

鋸加工、ドリル加工、ルーター加工: SAWTEQ B-300 multiTecの水平鋸によって、1台で3つの加工ステップを全自動でこなします。

SAWTEQ B-300 multiTecはファサードや隔離壁製造用の万能マシンです。1フローで、鋸加工、ドリル加工、ルーター加工の3つの加工工程を同時に行います。このようにして、すぐに組み立て可能な部材が高精度で製造されます。複数の機械を使用するよりも効率的かつ低コストで、人間工学を配慮した製造プロセスが実現します。さらに、施工現場で仕上げ加工やドリル加工をする手間が省けます。

(パネルソー HPP 300 multiTec)

利点

  • すぐに組み立て可能な部材 –1台のマシンですばやく、正確に、手間をかけずに製造
  • 鋸でドリル加工することで従来プロセスより60%コスト削減
  • 丸鋸または縦型鋸を使用するより高いエルゴノミクス性および精度
  • 部材ハンドリングの軽減 – 不良品および損傷の減少
  • ほぼすべての木製およびプラスチック製のパネル材料に対応、ご要望に応じて石膏パネルや複合材料にも対応

  • ドリル加工 / ルーター加工ユニットが統合されたパネルソー

  • 制御ソフトウェア CADmatic 5
    – 直観的に理解できる
    – ワイドタイプの Full-HD マルチタッチディスプレイ
    – 統一された powerTouch ユーザーインターフェース
    – 新世代3Dアシスタンスグラフィックが作業者が直感的に操作できるようにサポートします
    – tapio に接続する準備ができました
    – 視覚的なエラー診断

  • 研磨作用のある材料の加工時には石膏パッケージが鋸を保護 

  • 他のあらゆるパネルソーと同様に通常の切断加工にも対応

  • カスタマイズ装備により幅広い用途にフレキシブルに対応

鋸刃突出量80 [mm] (オプション: 95 mm)
切断長さ4 300/5 600 [mm]
プログラムフェンス速度90 m/分
鋸台車速度最高130 m/分(オプション: 150 m/分)
主鋸モーター 11 [kW] (オプション13.5または18 [kW])
毛引き鋸モーター 1.5 [kW] (オプション2.2 [kW])
操作ソフトウェアCADmatic 5