大規模建築や多層階建築向けソリューション

大規模建築

事務所、学校、幼稚園、生産工場 – 可能性は無限大です

年々多くの市町村や都市、企業までもが、近い将来のクライメート・ニュートラル(気候中立)実現を目標に掲げてします。この目標を達成するため、公共の建築物では、木造への移行が増えてきています。その他にも、多層階建築での木造枠組工法の割合も増えています。用途はほとんど無限です。計画段階では、当社のプロジェクトエンジニアが一緒に、自動で事前製造(プレハブ工法)できる最適な設備コンセプトを考えます。これによって、その後独自のプロジェクトに取り組んでも、自動製造のメリットを十分に得ることができます。そこでは、これまでの大規模建築の実績は関係ありません。お客様と一緒に最適なソリューションを考えていきます。 

多層階建築

建築面積を最大限に利用し、賃貸住宅を建てる。

利用可能な土地が狭いだけでなく、高い場合。木造枠組工法を使った多層階建築では、利用可能な建築面積を最大限に利用し、深刻化する住宅不足を解決します。木造での高い事前完成度(プレハブ工法)により、建築現場での組立時間を最小限に抑えます。これは都市において、長期間の通行止めをなくしたり、インフラ全体を改善できるなど、大きな付加価値があります。
木造枠組工法を使った多層階建築でも、木造モジュラー設計でも、用途は多岐に渡ります。パーツ製造時にも高い効率を得るため、柔軟なソリューションが用意されています。WEINMANN の生産設備は、生産性や正確性を高めるだけでなく、工場内での材料フローも最適化します。

当社のソリューションについて詳しく知りたいですか?

YouTubeのWEINMANN

YouTube