tapio – たった 1 回 のログインでデジタルインフラに接続

前回の Holz-Handwerk 以来、tapio は急成長し、世界 35 カ国以上のお客様にご使用いただいています。ヨーロッパは依然として tapio の強力な基盤ですが、アメリカ、アジアでも急成長しており、新しい再販システムの恩恵を受けています。

同様に、アプリケーションの種類も大幅に増加し (3 種類から 20 種類以上へ)、今や適用ケースはプロセスチェーン全体をカバーするまでになっています。Tapio のお客様は平均で 4 つのライセンスをご使用いただいており、この形がお客様のニーズに合っていることを示しています。15% 以下の非常に低い解約率 (チャーンレート) により、tapio パートナーと tapio が正しい方向に進んでいることは明らかです。

tapio の活動は、お客様がさまざまな世界をシームレスに交流できるように、多様なパートナーとの結びつきに重点を置くようになっています。したがって、HOLZ-HANDWERK ではパートナーブースおよび特に HOMAG のブースに統合して、tapio を木工業界のオープンなエコシステムとしてご紹介します。そこに用意されている「デジタルエクスペリエンスパス」では、クレバーな tapio 構造で実現するデジタル工場の適用例を分かりやすくガイドします。見本市ではタッチポイントが設置され、HOMAG 機械でのデジタルソリューション実演も行われます。ご来場いただいたお客様は、デジタルアプリケーションが家具製作所の作業とどのように結び付けられるかをぜひ直接ご体験ください。tapio については、新機能を搭載した 2 つのデジタル製品に特に焦点が置かれます。デジタル式ツール管理 twinio に関しては、新機能とデザインをご覧いただけます。さらに、機械のサービスでは、どのようにして通信がデジタルで解決されるのか、どのような新機能が工場での作業の流れを簡略化するのか、tapio チームがご紹介する予定です。

リストに戻る