LIVE.HOMAG: 寸法に合った段ボール: 省スペースで完璧な保護。

生産された製品はそれぞれ、できる限り製品にぴったり合わせて個別に保護するのが最善です。これを可能にするのがボール紙裁断機 PAQTEQ C-250 です。この機械を使って、必要な梱包材をエンドレス段ボールシートから、最適な形状と最小の単価で自動的に作成することができます。

これにより、工場の規模とは無関係に包装プロセスが大幅に簡略化されます。それは、HOMAG は今後、ボール紙裁断機を 2 種類のバリエーション(従来の 2,500 mm 幅の仕様と、それよりも短い 1,500 mm 幅の仕様)で提供するからです。スペースの少ない小規模の工場でも、梱包コストと材料を節約することが可能です。

もう 1 つのメリットは、powerTouch と intelliCut コントローラでボール紙裁断機を簡単に操作できることです。さらに、PAQTEQ C-250 はユーザー専用の最新のサービスツールである PAQTEQ ショップ (www.paqteq-shop.com) に自動的に接続されます。わずか数クリックで梱包デザインを簡単にダウンロードして、それを直接コントローラに取り込むことができます。現在、主な性能データを含む 230 以上の裁断プログラムが使用でき、機械上に直接 2D と 3D で視覚化されます。

データ供給も、手動から自動 3D スキャンまで、さまざまな入力方法で行われます。さらに、消耗品の自動検知や残材の検出を機械で直接行うソフトウェア機能も、簡便化に役立ちます。ボール紙裁断機 PAQTEQ C‑250 は、お客様が個別設定できる機械として入手可能です。装備は個別に、必要に応じていつでも拡張することができます。

 

 

リストに戻る