LIVE.HOMAG: パネルサイジングソー: S から XXL まで。

どの鋸が作業要件にもっとも適しているのか?職人不足の時代に HOMAG の鋸はどのようなサポートを提供するのか?作業準備、倉庫保管、切断、デスタッキングまでの一貫したデータ統合はどのような役割を担っているのか?Live.HOMAG では、これらの疑問やそれ以外の疑問にもお答えします。

簡単な機械操作と切断における最大の効率と柔軟性。これが HOMAG の鋸の強みです。CADmatic 5 マシンコントローラを常時装備し、クラウドソリューションとして intelliDivide を使用するか、または現場でインストールする切断最適化ソフトウェアとして Cut Rite を使用して作業することができます。

ホルブとホルツブロンでは S から XXL までのすべてのパネルサイジングソーをお客様にご紹介します。シングルソー (SAWTEQ B-130 および SAWTEQ B-200) やソーイングセル (SAWTEQ B-300 と平面倉庫 STORTEQ S-200SAWTEQ B-300 flexTecSAWTEQ B-320 flexTec) でも、基本装備やカスタマイズオプション装備でも、HOMAG は、お客様がパネル切断のジョブを柔軟に、スピーディに、そして経済的に処理できる方法をご提示します。さらに、切断だけではなく、上流および下流のプロセスの簡略化にも焦点を当てることで、スムーズな部品の流れを最適化します。また、インテリジェントに統合された HOMAG ソフトウェアソリューションが迅速なプロセスを実現し、材料利用率を最大化します。

SAWTEQ B-130: 最初から簡単に効率をアップ。

最初に SAWTEQ B-130 を導入することにより、装備をしっかり整えたパネルソーよりもコストをかけず、明らかにより精密に、より効率的に、より人間工学的に、そしてより確実に切断することが可能になります。このことは、実績のある技術に未来指向のソリューションの組み合わせることで実現できます。

SAWTEQ B-130 には標準の切断長さ 3,200 mm の他に、オプションで 3,800 mm も提供されています。これにより、ご要望に応じてエントリーソーでもより大きなパネルフォーマットを簡単かつ快適に加工することが可能です。さらなるメリットとして、3,800 mm の切断長さでは、SAWTEQ B-130 にオプションで自動送り装置用の Easy2Feed を装備することができます。そのために、切断リフトテーブルが後方の機械テーブルに組み込まれます。これにより、後方の機械エリアからパネル束全体を快適に積載することができるため、さらにスムーズでスピーディなプロセスが可能になります。

直感的で誤りのない切断プロセスを実現するため、SAWTEQ B-130 にはすでにインテリジェントなオペレータガイド intelliGuide basic も提供されています。さらに、SAWTEQ B-130SAWTEQ B-200 についてはすでに LIGNA のハイライトのプレビューもありますので、どうぞご期待ください。ここでは、切断がさらに効率的になることだけお伝えしておきます。

SAWTEQ B-300: 倉庫への送り装置と intelliGuide professional。

自動倉庫接続を備える SAWTEQ B-300 は常に一歩先を行きます。高い材料処理能力とエルゴノミーを実現するのための多数の追加機能を備えた完全仕様をライブでご覧いただけます。これには、自動平面倉庫 STORETEQ S-200、表面ラベリング装置付きの内蔵プレスタックテーブル、Power Concept professional、完全装備のオペレータアシスタントシステム intelliGuide professional、デスタッキングモジュール LITE が含まれます。これらのソリューションが互いに調整されて連動することによって、プロセスフローが最適化され、生産性が向上します。

SAWTEQ B-300 flexTec: 木工所向けのロボット鋸 – 効率的かつフレキシブル。

木工所でもっとも必要な能力の 1 つが最大の柔軟性です。一方で、切断においては多くの単品生産のジョブがプログラムにあり、これらはできるだけ自動化して処理しなければなりません。しかし他方では、大きなロットサイズがパッケージになっている量産のジョブもあります。その間には、短期間の優先ジョブが次々と入ってきます。これに対応するため、HOMAG は SAWTEQ B-300 flexTec によって、すべての要求範囲をカバーする鋸を提供しています。

鋸には産業用ロボットが装備されており、単品生産の切断を長い距離にわたって無人で処理し、1 シフトあたり最大 800 個の部品を製造します。さらに、オペレータは必要に応じて鋸を簡単に手動モードに切り替えることもできます。これにより、すべての機能を従来の HOMAG シングルソーと同様に使用することができます。

しかし、この特別な機械コンセプトをどうすれば最適に活用でき、どのような最適化オプションが提供されるのでしょうか?HOMAG はホルブとホルツブロンでそれについてご説明します。具体的な内容は、お客様固有のデスタッキング戦略の定義、最適な作業準備、可能な無人交代制や自動スタック搬出によるアウトプットの向上などです。

リストに戻る