生産スピードメーター: MMR で生産状態を確認。

機械データ分析用ソフトウェア

最新の機械技術に投資する目的は、生産効率を最大限まで引き上げることにほかなりません。というのも、家具や建材、プレハブ住宅のメーカーは、生産能力を完全に活用できているのか、という問題にしばしば直面しているからです。どの機械でさらなる効率化が期待できるでしょうか?そのためには、どのような対策が可能なのでしょうか?

さまざまな機械を最適な形で生産工程に組み込むには、個々の機械の性能と効率的な運用が重要な意味を持っています。この点に関して、Machine Monitoring & Reporting のアプリおよび MMR Office ソフトウェアは重要な情報を提供してくれます。部材、サイクルまたはセットアップギャップなど、MMR Office によってリアルなデータを得ることができます。生産の分析を簡単に行えるので、さらなる改善と効率化を進めるチャンスになります。そして、もっとも素晴らしいのは、MMR Office を他メーカーの古い機械に簡単に接続して使用できることです。

機械をつなぐ MMR。

納期や最適に定義されたプロセス、そして持続可能な生産が企業にとってますます重要性を増している現在、詳細な機械データもさらに重視されるようになっています。企業は、基礎となる正しいデータを使うことで生産を迅速かつ簡単に分析し、正しい決定を導き出し、将来のために効率的な生産基準を確保することができるのです。

ここがポイント: 古い機械や HOMAG 製ではない機械でも、OPC-UA インターフェースや REST インターフェースを介して簡単に MMR Office に接続可能。

MMR Office ソフトウェアによって...

  • …部材、サイクル、在庫移動、カット、パネルなどの数をカウントできます。
  • …部材ごとの最適なサイクルタイムが分かります (スルーフィールドマシンなどで)。
  • ...機械プロセスにおける必要なハンドリング時間が分かります (鋸加工の場合など)。
  • ...自動装備プロセスを登録できます (ロットサイズ 1 の場合など)。
  • ...エラーメッセージをテキストで保存します。
  • …インターフェースを介して MMR データベースのデータを利用できます

それぞれの目的に合ったツール: MMR は一緒に成長します。

すべての新しい機械に無料で含まれているスマートフォンアプリを使えば、プロダクションマネージャーは外出中でも常に生産状況を確認できます。詳細な評価がほしい場合や、オフィスでデータを綿密に検討して処理したいときは、MMR Office を利用できます。評価の対象期間や接続する機械の数もさまざまに選択可能です。このようにして現在のプロダクションマネージャーは、要件に適合した正しいソリューションを見つけることができるのです

MMR モバイル – ポケットサイズの生産スピードメーター

  • スマートフォンアプリを使えば、機械をいつもポケットに入れて持ち歩いているのも同然です。特定の期間における機械の作業効率がどれくらいだったのかが一目で分かります。
  • 決められた評価期間で選択した特性値を表示します。
  • アプリは、すべての新しい機械の購入時に無料で提供されます

MMR Office Lite – 機械のデータサプライヤー

  • スピーディで簡単なインストール (機械のデータベースにアクセス)
  • MMR Office が提供する評価を作業準備に利用できるようにします。
  • 詳細な評価 (過去 30 日まで)
  • 最大 3 台の機械に接続可能

効率化を推進する MMR Office

  • 複数の機械のデータをオフィスの独自のデータベースにコピーします。
  • 古い機械や他メーカーの機械も接続可能。
  • MMR Office のデータは、その他の評価にも使用できます。
  • 詳細な評価 (過去 2 年まで)
  • 2 段階で拡張可能: 最大 5 台または最大 20 台の機械に接続可能

 

リストに戻る