従業員の肖像:ハルトムート・ベーリンガー

ハルトムート・フェーリンガーは、25 年間機械とシステムの制御を担当してきました。この間の彼の経験について、話をうかがいました。

25 年は長い時間です。その間にすっかり変わったものはありますか?

25 年前に WEINMANN で働き始めたときには、WEINMANN はまだ家族経営の小さな会社でした。制御技術部門は私たち 3 人で、回路図の作成から制御キャビネットの構築、お客様の現場での機械の設置と使用開始まで、パッケージ全体を担当していました。施工から現場での使用まで、機械の全工程のサポートです。WEINMANN 社が発展するにつれて、当然ながら、制御技術部門も変化しました。一方ではチームとして成長し、他方では個々の職務がますます専門化しました。

長い間、私は制御技術部門全体の責任者となり、喜んでその職を務めていました。しかし、私にとって、プロジェクトに積極的に取り組むことが常に重要だったのですが、会社の成長に伴って、部門長としての管理業務の割合が増えていきました。1 年前、部門を新規開発と建設の分野に再編しました。私は現在、セルとシステムの担当となり、再びプロジェクトに直接取り組むことができるようになりました。これまでの時間を通して、私はお客様が機械をどのように使用し、どのような要件を満たさなければならないか、多くを学びました。つまり、現在のプロジェクトに生かすことができる非常に多くの経験を集めることができたのです。この知識は私の最大の宝物の 1 つです。

非常に印象に残っている出来事は何ですか?

もちろん、WEINMANN でのキャリアを通じて、さまざまな経験をしました。非常に大変だった時期は、2 つの大きなプロジェクトを同時に開発、導入したときです。どちらのプロジェクトも莫大な規模で、大きなチャレンジでした。当時、私たちが費やした労力は膨大なものです。当然ながら、両方のプロジェクトを予定どおりに納品しなければならないという緊張感もありました。2 つのプロジェクトは、定められた期日に正常に導入され、システムは現在も部分的に使用されています。振り返ってみると、それは本当に大変な時期でした。

現在の社内での機械の受け入れとは、まったく異なります。なぜなら、最初は試運転を行わずにシステムを納品していたからです。つまり、お客様の現場で初めて試運転が行われたため、建築現場での作業時間が長引くことがよくありました。私は、このプロセスを最適化したほうがよいと考えて、使用開始と試運転を行ってから機械を納品するように尽力しました。今ではこれが標準となり、不可欠となりましたが、当時としてはまったく新しいプロセスだったのです。

 会社の発展と変化をどのように見ていますか?

制御技術の世界は、とてつもなく早く移り変わります。当社の制御もまた、開発の多くの段階を経てきました。私にとって、リモートサービスで機械にアクセスして問題を解決する機能は、最も印象的なステップの 1 つでした。当初はこれに関して心配がありましたが、現在では、このリモートアクセスがなければ、機械を効率的に操作することはできないでしょう。今日の可能性はまさに膨大です。制御技術は、機械本来の作業に加えて、多くの追加機能を提供します。初期の頃は、制御技術の仕事の 70~80 % が機械の機能でしたが、今日ではおそらく 30~40 % です。仕事の大部分を占めるのは、文書作成、統計、評価などのこまごまとした作業です。そのことが既に大きな変化です。

あなたにとって自分の仕事で大切なことは何ですか? 

私の仕事では、お客様の要件に非常に正確に取り組むことが重要です。私たちは常にお客様のニーズに焦点を当て、それを優先しなければなりません。お客様それぞれのニーズにお応えすることが重要です。そのためには、革新的で、お客様に関連したソリューションを受け入れる必要があります。お客様がそれを必要とされているからです。

さらに、私がいつも気にかけているのは、チーム内や同僚との良好な協力関係です。すべての同僚が結束し、誰もが積極的にプロジェクトの設計と推進に協力することが重要です。

木材建築はあなたにとってどんな役割を果たしていますか?

基本的に、私は木という材料を非常に好ましいと思っていて、これはまた加工する際にも明らかです。木材は素晴らしい材料です。さらに私は、お客様がどのようなプロジェクトを実施されるか、どのような住宅や建築プロジェクトを実現されるかということに常に夢中になっています。それだけで、既に素晴らしいことです。

WEINMANN が HOMAG グループに加わってから既に 22 年経ちました。あなたは HOMAG とはどんな経験をしましたか?

WEINMAN で仕事を始めた頃、会社はこれからも成長し続けると思いました。しかし、これほどまで大きく成長することは予想外でした。HOMAG グループへの参入も、会社の歴史の中で重要なステップでした。制御技術の分野では、HOMAG の制御技術も取り入れたことで大きなメリットがありました。私たちの小さなチームでは、この制御技術インフラをこれほど迅速に構築できなかったでしょう。このため、HOMAG の同僚とは最初から緊密に連絡を取り合っていました。私たちはこの分野で多くのことを引き継ぐことができましたが、多くのアイデアを取り入れることもできました。開発チームと制御チームで新しい開発と機能に関する情報を定期的に交換しました。もちろん、ここ数年で多くのことが変わりました。例えば、私は現在、メカトロニクスチームに所属しています。ショープフロッホの同僚とは今でも良好な関係を保っており、常に意見を直接交換しています。この関係は素晴らしく、うまくいっています。

リストに戻る