パネル切断、木工所から産業用まで

どの鋸が作業要件にもっとも適しているのか?職人不足の時代に HOMAG の鋸はどのようなサポートを提供するのか?作業準備、倉庫保管、切断、デスタッキングまでの一貫したデータ統合はどのような役割を担っているのか?– これらの質問やその他の質問に、ホルツブロンで行われる HOMAG Treff で HOMAG がお答えします。

Power Concept Classic – 木工所での効率と材料処理能力をさらに向上させる

最大の効率と正確な切断を可能にしながらも簡単な機械操作: これらの長所は、最も小さい HOMAG パネル分割鋸 SAWTEQ B-130 と SAWTEQ B-200 ですでに明らかです。  

革新的な Power Concept Classic は、リフトテーブルなしの SAWTEQ B-130 と SAWTEQ B-200 で入手可能になりました。個別操作可能なクランプユニットは、必要に応じてプログラムフェンスの前を通り、横分割の異なる 2 つのストリップを同時に切断できます。これにより、アウトプットが大きく向上し、生産ピークをより簡単にささえることができます。  

機械オペレータが材料処理能力の向上に素早く確実に慣れるために、intelliGuide Classic と組み合わせることを推奨します。このアシスタントシステムは、切断プロセスの際に LED 光信号を使って切断ラインを確実に、簡単に、そして素早く加工できるようオペレータをサポートします。  

Power Concept Classic のハイライト:

  • 最大 30 % の効率アップ (切断図面に応じて)
  • 切断毎の費用がわずか
  • 素早く正確な位置決めのための個別駆動装置
  • Power Concept Classic は intelliGuide Classic との組み合わせが最適: 材料処理能力の上がった加工で機械オペレータをサポート

materialManager Advanced – 切断時に最適な機械パラメータを自動設定するための HOMAG イノベーション  

materialManager Advanced は、選択した材料、使用する鋸刃、必要な切断品質に応じて、自動的に最適な機械パラメータを確実に設定します。それにより、さまざまな材料、異なる機械オペレータでも常に加工品質は高いレベルに保たれます。最適な設定により、さらにツールの耐用期間が延び、操作は簡単で効率的になります。機械設定は HOMAG により提供され、クラウドベースのシステムを介して継続的に改善や再開発が行われます。その際、ユーザーはいつでも推奨機械パラメータを自分の判断で個別に調整できるため、機械設定の自由度はそのまま保たれます。 

CADmatic に統合されたアシスタントシステムソフトウェアのさらなるポイントとして、加工する材料に適していない鋸刃が設定されていると警告を表示する警告機能があります。その他に、このソフトウェアでは、鋸刃の有無と耐用期間の到達がわかります。  

materialManager Advanced のハイライト:

  • 高い効率: HOMAG により最適化されたプリセットの機械設定がアウトプットを増加させます
  • 効率的で簡単な機械操作: 機械が各ジョブに合うよう自動的に設定します 
  • 安定した加工品質: 複数の鋸でも、すべての機械オペレータで同じ機械設定を自動的に使用できます
  • エラーの減少: 不適切なツールの使用を防ぎます
  • 時間と費用の節約: ツール耐用期間が長く、ツール交換が少なくてすみます
  • 次のシリーズで使用可能: SAWTEQ B-300/B-400、SAWTEQ B-500、SAWTEQ B-300 flexTec、SAWTEQ B-320 flexTec

切断品質測定システム (MSQ) を装備した SAWTEQ B-300 flexTec が HOMAG Treff で初めて登場 

ロボット鋸 SAWTEQ B-300 flexTec には、産業用ロボットが装備されており、単品生産の切断を長い距離にわたって無人で処理します。生産能力は、1 シフトあたり最大 800 部材です。さらに、オペレータは必要に応じて鋸を簡単に手動モードに切り替えることもできます。これにより、すべての機能を従来の HOMAG シングルソーと同様に使用することができます。  

この機械コンセプトを主にロボット運転で最適に使用するため、HOMAG は切断品質測定システム (MSQ) を開発しました。この新規開発によって、自動的な生産とスタッキングでも切断品質やツール耐用期間を最大限監視できます。  

ツールの摩耗を監視することで、ツール交換が、用途に応じて正確に計画可能になります。これはさらに、プロセス安全性を高め、機械のアウトプットを増やすと同時に不良品を減らすことに繋がります。また、MSQ は必要なオペレータの介入を最小限に抑え、機械の性能を最大限に活かすことができます。

全自動の単品切断におけるさらなる効率化: SAWTEQ B320 flexTec 

SAWTEQ B-320 flexTec により HOMAG に単品生産の新しい基準がもたらされ、柔軟性が高く、ジョブや顧客に合わせた生産を可能になりました。鋸の中核を成すのは、切断時に部材とストリップのハンドリングをすべて行う産業ロボットです。ほこりや廃材処理の最適な統合により、HOMAG の機械は「市場で最もクリーンな機械」と言われています。  

HOMAG Treff で HOMAG は、SAWTEQ B-320 flexTec の性能と可能性をさらに高める新しいツールと機能を紹介します。そこで中心となるのが、顧客生産の最適化です。詳細はイベントでご紹介します。 

SAWTEQ B-320 flexTec のハイライト:

  • ロボットハンドリングによるオートメーション
    柔軟性の高い切断図面構成と 100 % 近くのロボット出力でも優しい材料ハンドリング
  • 事前の生産シミュレーションと顧客に応じた標準設定
    最大の計画安全性と最適な生産構成を提供
  • 余剰部ありで連結された鋸により、出力を調整可能
  • 効率、可能性、品質を向上させる新しいツールと機能

woodStore 8 - インフォメーションと材料の流れを透明化する倉庫管理システム 

woodStore は倉庫システムの頭脳とも言えます。透明性を重視し、受注管理とジョブの処理をリンク、残材までの材料を管理して動きを分析し、材料の流れを制御、持続的なセルフコントロールによりすべての材料移動を最適化します。  

新バージョン woodStore 8 では、将来的にさらに多くの加工機械や保管スペースを倉庫に統合できるため、例えば 2 つの倉庫を相互に簡単にリンクできます。これにより、顧客側のレイアウトとプロセス構成がさらにフレキシブルになります。増加した加工機械をより適切に管理するために、機械を複数のグループに分け、それぞれに処理のための専用プールリストを割り当てることもできます。  

入庫スロットは、将来的に再スタックスロットとして最大 100 % 使用可能になり、特に倉庫スペースが小さい顧客にとって大きなメリットになります。これにより、再スタックを一番下のパネルまで可能にするために、2 つのスペースを最大 50 % までに制限する必要がなくなるため、未整理の倉庫管理でも保管容量が大きく増加します。 

シンプルな操作画面、クイック操作のためのカスタムボタン、タブレットやスマートフォンなどのモバイル端末の利用で、さらに簡単で快適に操作できます。

  • パネルコード、サプライヤオプション、注文内容、注文番号のスキャン。板材入庫時にマスターデータの読み取りが簡単。  
  • 装飾画像の撮影。自動的にデータベースに保存し、画像としてマスターデータに記録。 
  • 入庫、予約変更、残材の管理 – ここではモバイル端末をハンドスキャナとして使用。 
リストに戻る