2021/12/13   |   Eschenz   |   スイス

次のステップが最後のステップではありません。

スイスのトゥールガウ州、エッシェンツにある Bantli 家具製作所は、2021 年の春以降、CNC マシニングセンタ DRILLTEQ V-500 にロボットハンドリング FEEDBOT D-300 を導入しています。

「もっとも重要な資本は人であって、機械ではありません」

オリバー・バントリ (家具職人兼経営者)

オリバー・バントリさんと彼のチームが引き受ける仕事は多種多様です。小さな修理依頼から難易度の高い改修作業、大型プロジェクトまで、最高レベルの品質と納期厳守で、あらゆる仕事に情熱を持って対応しています。まさに本物の家具職人です。1982 年、マーティン・バントリさんがトゥールガウのエッシェンツに家具製作所を設立しました。設立当初からその仕事ぶりは顧客から高い評価を受け、取引は順調に増え、会社も大きくなっていきました。1980 年代の終わりには従業員が 10 人になり、評判のよい家具製作所になりました。2000 年の少し前、創業者の息子で家具職人のオリバーさんが製作所の経営に加わります。父親が会社の経営を息子に任せるようになってから、CNC と CAD をベースとする工場の近代化が少しずつ進み始めました。2003 年以降、オリバー・バントリさんは単独の取締役社長としての道を一貫して歩むようになります。小さな家具製作所から始まった会社は、現在、50 人の従業員を抱える現代的な同族会社へと成長し、大きなショールームとチューリッヒ支店を構え、最新式の機械を導入しています。しかし、1 つだけ変わらないことがあります。それは細部にまでこだわる職人技です。

顧客が高く評価するのはまさにこの職人技です。エッシェンツ近隣の個人住宅でも、チューリッヒの大銀行やトゥールガウの病院でも、このような評価には違いがありません。Bantli 社が取り扱うポートフォリオは多岐にわたります。飲食店、オフィス、銀行、病院などのドア、床、窓、カーペット、屋根トラスや家具、内装、キッチンあるいはバスルームまで、難しい仕事であればあるほど、技能が発揮されます。そのようにして家具職人は常に自分の腕を磨いていくのです。このことをバントリさんは特に重視しており、従業員が退屈な大量生産ばかりで仕事への楽しみを失わないように工夫しています。このような多様性は作業プロセスにも表れています。工場で働く機械オペレータは HOMAG の 1 つの機械だけを使用するのではなく、切断から仕上げ加工に至るまでベンチルームでのさらなる加工にも部材に同伴し、一貫して作業します。その結果、作業受渡しの問題は排除されました。この問題は常にバントリさんの悩みの種だったのです。

データの一貫管理が Bantli 社の切り札

機械オペレータが部材に同伴することで、生産現場におけるコミュニケーションの食い違いは過去のものになりましたが、それ以外の作業におけるデータの一貫性はどうなっているのでしょうか?バントリさんはすでに 2007 年にこの問題に取り組んでいました。当初、彼は 1 つのプロジェクトについて、寸法、数値または数量をさまざまな箇所で何度も繰り返しシステムに入力しなければならないという問題にまったく気づきませんでした。しかし、3D CAD を導入したことで、これを解決するシステムもプログラミングできました。そして、このプログラムは常に最適化しながら今日まで使用されています。これこそ先駆者としてのバントリさんの業績です。というのも、データの一貫管理によって、すべての従業員の時間と労力が節約できたからです。スイス、トゥールガウ州のこの会社では、3D 図面などから木材リストと CNC プログラムを直接生成し、HOMAG の機械にあるバーコードスキャナで生産をスムーズに進めています。当然、キャパシティプランニングや時間記録もデジタルで行っています。従業員たちは、大きな画面で現在のプロジェクトと担当領域を確認でき、自分の仕事が片付いたら、スマートフォンや PC で時間を記録する際にチェックを入れるだけです。このようにして、プロジェクト管理者は快適に概要を把握できます。また、機械は完璧に相互調整された状態で作動します。
建物前面のメインストリートでは、原料が送り込まれ、裏側から完成した家具が送り出され、風雨の影響を受けない地下のガレージに積み込まれます。

スムーズで合理的な生産プロセスは、バントリさんにとって非常に重要です。なぜなら、最高品質のものに対してお客様がいくらでも払うと言ったとしても、コストを際限なく上げるわけにはいかないからです。そこで、この製作所では、鋸やエッジ、CNC に至るまで HOMAG の技術を採用しています。そしてこの分野でも積極的に最新技術を取り入れています。現在は、ロボットハンドリング装備の DRILLTEQ V-500 を使用しています。これによって、以前よりもボディ部品の製作がよりスピーディになり、必要なら自動二面加工も可能になりました。例えば、4 人の機械オペレーターは、DRILLTEQ が無人で棚の壁やキッチンパネルをドリル加工しながら、ダボや CLAMEX コネクターを取り付けている間、他のプロジェクトに取り組むことができます。ロボットのおかげで彼の専門能力を他の重要な仕事に使えるようになったことは、この会社にとって CNC ソリューションの大きなメリットの 1 つです。バントリさんはすでに LIGNA 2019 でこのソリューションに興味を持っていました。それから 2 年も経たないうちに、このアイデアは実現しました。これには HOMAG の社員ロイ・ミュラーさんの貢献もあります。彼は、2021 年 5 月の DRILLTEQ の運転開始を担当しました。何の問題もなく設置できたのは、ミュラーさんの細心の気配りのおかげだとバントリさんは語ります。縦型 CNC マシニングセンタは、ロボットハンドリングが搭載されていても、少ないスペースでボディ加工を可能にします。そして、非真空式クランプ技術、迅速なドリル加工、装備変更時間が不要なクランプユニットによって Bantli AG 社はたくさんのメリットを受けています。

スイスの本物の職人技

オリバー・バントリさんは、製作所の機械にとても満足しています。そして彼が確信していることは、優秀な人材なくしてビジネスは成り立ないこと、すなわち人が会社を作るということです。人材こそが会社の生命線です。

そのため、彼は健康に働ける職場環境を重視しています。長所は伸ばし、短所は徹底的に改善する。もし誰かが特定のプロジェクトに対してやる気を示せば、進んでそれに参加してもらいます。このようなことでのみチーム全体がさらに成長し、それによって会社も成長するからです。このやり方で、この数年間 Bantli 社は多数の魅力的なプロジェクトを手がけてきました。例えば、ほんの数週間前、ある製薬会社がチューリッヒ空港の未来的施設「THE CIRCLE」に支店を開設しました。Bantli 社はこのとき、オフィスの内装工事全体を記録的なスピードで完成させたのです。Bantli 社にとってはまさに巨大プロジェクトでした。スケジュール的にも厳しく、他の業者による遅延もありました。ピーク時には最大 19 人の組立工が同時に作業をしました。しかし、あらゆる困難を乗り越え、納期どおりに仕事を終えることができたのです。結局のところ Bantli 社は、「約束した納期を必ず守る」のです。この大型プロジェクトの他に、会社はこの数年間で多数の病院、銀行、インターネット企業から仕事を受注しています。しかし、バントリさんが好んで手がけるのはこのような大型案件ばかりではありません。

「当社は個人のお客様を大切にしています。そこでは本当の有益なフィードバックが得られます。これはかけがえのないものです」

オリバー・バントリ (家具職人兼経営者)

個人からの注文が仕事の 30~40 % を占め、近隣地域の小さな修理や無垢材の作業、船首の形をしたサウナ付きの豪邸まで、注文は多岐にわたります。他と同じ注文はありません。どんなに難しい注文であっても、Bantli の従業員はそれをなんとかやってのけます。自分たちの持っている技術に対する誇りが、その原動力となっているのです。そしてお客様から心のこもった感謝の言葉をもらえれば、それ以上嬉しいことはありません。しかし、この会社はまだまだ満足はしません。

将来に向けた次のアイデア

バントリさんは、じっとしていることができない性分です。常に考え、行動しています。HOMAG とのパートナーシップもそのことを示しています。かれこれ 16 年前から、彼は HOMAG の機械とソリューションを採用しており、常に改善のためのフィードバックを与えてくれます。DRILLTEQ の例:

HOMAG スイスの専門家と一緒に、彼は無秩序なスタックのためのソリューションを開発しています。彼は、フォトセルと人工知能を使ってさらに効率的な製造を行い、オペレータの仕事を楽にしたいと思っています。

さらに、現在、家具製造部門の新工場を建設中です。これと同時に、バントリさんは暖房ネットワークをさらに拡大し、製作所の木くずを使った暖房システムを会社だけではなく、近隣の 18 戸の住宅にも供給しようとしています。この会社では電力の大部分を自家発電しています。このようにして、持続可能性が実現されています。彼はこの持続可能性を成長の面でも示したいと考えています。持続可能性は健全な方法で達成されるべきであり、強制されるものではないからです。むしろバントリさんは従業員が自らの技能をさらに伸ばし、難しいプロジェクトに情熱を持ってほしいと考えています。現在、7 人の見習工をこの会社で採用していることには理由があります。機械が高度になり、革新的になっても、会社の未来は従業員にかかっているからです。

リストに戻る

Schreinerei Bantli AG, Schweiz

www.bantli.com